Update List

2017/12/22
細かいところに大きな差が生まれますを更新致しました。
2017/12/22
お迎えするには入念なご準備をを更新致しました。
2017/12/22
大型犬用品で毎日健康!を更新致しました。
2017/12/22
備えあれば憂いなしを更新致しました。

大型犬のオヤツやおもちゃは必ず専用の物を

大型犬を飼う場合、オヤツやおもちゃなどは必ず大型犬用品を買うようにして下さい。しばらく大型犬を飼ってみれば分かる事なんですが、大型犬の口は驚くほど大きいです。その為に、オヤツが小型犬などを対象にした物の場合、丸呑みしてしまう危険があります。よく観察してみると、丸呑みとまではいかなくても1~2ど噛んだだけで飲んでしまっている場合も多いです。そうなると消化出来ずに丸々吐き出してしまったり、胃や腸を傷つける原因になってしまうなんて事もあります。
また、おもちゃの場合は大型犬用品、または大型犬対応の物を選ばないと、あっという間に破壊されてしまいます。大型犬は顎の力が非常に強いので、ペットショップに売っている子犬用のゴムのおもちゃやヌイグルミなどはその日の内に破壊されてしまいます。ただ単に破壊されるだけならまだ良いのですが、最悪その破片を飲み込んでしまう事もありますので注意して下さい。
大型犬用の物なら必ずしもそういった事が起きないかと言われればそうでもないのですが、専用の物以外よりは遥かにその可能性は低くなります。特にネットなどで購入する場合は画像から大きさや強度が分かりませんので、大型犬用として作られているのかどうかは事前に確認するようにして下さい。

いざという時に必要な大型犬用品

大型犬用品というわけではありませんが、大型犬を飼う場合に同時に購入しておきたいのがペットタグです。ペットタグとは、その犬の名前や連絡先が書かれているタグの事です。何故大型犬を飼う場合に購入しておいた方が良いのかというと、大型犬が本気で走った場合、まず人間は追いつきません。つまり、逃げてしまう事が多いんです。その時に、ペットタグが付いていれば保健所などに連れていかれたとしても必ず連絡が来ますので安心です。また、迷子として保護された場合にもすぐに連絡が来ます。
それから、大型犬用品として購入しておくと良い物として持ち運び可能な犬小屋があります。テントのようなものです。大型犬の場合、何か災害があって避難しなければいけない場合でも避難所の中に連れて行く事が出来ません。避難所自体には入れたとしても、体育館などの室内には入れられないという場合がほとんどです。そんな場合に持ち運び可能な犬小屋があれば役に立ちます。小型犬と違い、キャリーだと非難時に持ち運びが出来ませんので、出来れば最初から揃えておきたい大型犬用品になります。
大型犬の場合は万が一の時に必要となってくる物が多いので、災害情報が載っている地方自治体のサイトなども参考にしてみて下さい。

Trend Article

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加