香典返しは形に残らないものを選択しましょう

香典は、親戚やご近所など、大変なときをみんなで支えあおうという心遣いの気持ちから始まったといわれております。現在は、地域によって違いはあるようですが、常識やマナーを重んじる傾向にありますので、頂いた方に失礼のないようにお返しをしておきたいです。会葬御礼で当日お渡しする御礼は、華美ではないタオルやハンカチ、地方によっては海苔やお茶などをお渡しすることが多いように思います。香典返しについては、無事に供養が済み、やっと落ち着いてまいりましたという報告も兼ねて御礼状を添えて、直接お渡ししたり、郵送でお届けする場合もあります。会葬および香典の御礼は、何回も経験することのないように、使ってしまう消耗品や、食べてなくなってしまう食品類が適しているといわれています。バスタオルや、タオルケット、菓子の詰め合わせなど、頂いた金額の三割から半分くらいの金額をお返しするのが一般的なようです。頂いた方のリストを整理しておき、長い間管理をしていくことが大切ですね。

型にとらわれない香典返し

一昔前は、香典返しといえばのりとお茶でしたが、最近はそうでもないようですね。といっても私の実家のほうでは、まだ海苔とお茶ですけど。神奈川県に住んでいるのですが、先日、香典返しにと手ぬぐいをいただきました。お葬式のお返しとしては新しいなと思いましたが、使えるものなのでうれしくいただきました。きっと、相手が使う実用的なものを送りたいと思ったのだろうなと思います。のりやお茶に含まれる意味が私にはよくわかりませんが(知りたいとは思います)、最近は型にはまらないお返しもあるとわかり、私も将来お返しをしなくてはいけなくなったら、どんなものにするかそのときに型にはまらずに考えてみようと思いました。なので、友人からのお返しはとても参考になりました。ほかにどんなおかえしがあるのか将来の参考のためにいろいろと聞いてみようと思っています。

冠婚葬祭のマナー香典返しを贈る時期

香典はお通夜や葬儀の時に故人に頂くお供えの金品で、これにお返しをする物が香典返しです。つまり、故人に対していただいた物に対するお礼ということになります。香典というのは仏教式葬儀の用語で、神道やキリスト教ですと違う呼び方になりますので宗派によっては注意が必要です。元々香典返しは忌明けにあたる四十九日以降に贈る物で、喪主が先方のお宅に持参し直接挨拶して贈っていました。しかし最近では、親族がお互い遠方に住んでいたりして法要ごとに集まるのが現実には難しいといった背景もあります。そのため、葬儀と初七日、また初七日と四十九日の法要を同時に営むなどのスタイルも増えてきています。また、地域によって違いはありますが葬儀の当日に会葬のお礼状と一緒に香典返しの品物を会葬者に渡して持ち帰ってもらうことも多くなっています。