貰って喜ばれる出産祝い

出産はとても喜ばしい事です。生まれたと聞いた瞬間産んだ両親だけでなく、親戚や友人であっても思わず口元がほころびます。小さい子の笑顔は無条件に可愛く癒されるものです。そんな時になにかお祝いの気持ちを表したく出産祝いを送ることがあると思いますが、一体なにを送って良いかわからない事があると思います。お祝いなのに安すぎても見栄えが悪いし高すぎても気を使わせてしまいます。けれど子供用品は普段自分の身の回りにはまったくないものなので想像ができません。洋服も好みがあるだろうし新生児のサイズも判断が難しいです。そしてベビー用品売り場にある出産祝いコーナーによくあるのは、新生児の祝い着やスタイなどの出産祝いセットになったものが多いですが意外と他の人とかぶってしまいやすいものでもあります。確かに送る側としてはスタイや洋服が手頃な値段で可愛くて送った自分にも記念になってよいものですが、実は好みでなかったりサイズがあわなかったりかぶることが多く使わずしまったままなんて話もきいたことがあります。


そんな中あまり不評の声を聞かないのがおむつとおしりふきです。意外かと思うかもしれませんが嫌に思う方は少なかったです。やはり使うものだからという理由はとても強いようです。確かにおむつかぶれや好みのメーカーなどは人によりありますが、産後まだ体調も戻っていないときにあんなに大きなかさばるものを買いに行くのは大変なのであったら嬉しいしなんだかんだついつい使ってしまった、と最終的に貰ってよかったしとても助かったとなるようです。ただ同じ消耗品でもミルクは母乳の状態やアレルギーなど色々な問題があるからか結局使わないで終わってしまった、なんてこともあります。母乳の出に悩んでいたら貰っただけでショックを受ける可能性もあります。なので長年付き合いがあって好みや貰いたいものがわかっていないのであれば、おむつかおしりふきと+αで何か小さな記念品にしておくとそうそうハズレはないと思います。おめでたい事や大切な人への贈り物をするのはとても素敵な風習ですが、自分が送って楽しいものと貰った側が嬉しいものがずれてしまうのが難しいところだと思います。お中元やお歳暮でも消えものをというのもそんな相手に負担をかけない配慮をしていった結果なのかもしれません。


とても嬉しくて喜ばしい出産祝いを選ぶときがあったなら、こんなことを踏まえ楽しんでください。