出産祝いにはお相手が望む物を贈りませんか

出産祝いは身内ならばお金、友人や知人などならばプレゼントをお渡しされるケースが多いです。身内の方の場合には1万円位が相場ですが、近くされている方の場合ならば、欲しい物を伺ってプレゼントされると喜ばれます。リクエストは無いけれど、何か物品を贈りたい場合、特に出産祝いの必要は無いと言われた時にはミルクやオムツなどの消耗品はいくらあっても困りませんし、洋服なども無難な物ならば1日に何度も着替えを要する赤ちゃんにとっては沢山必要となる生活必需品ですので、大き目のサイズを購入して贈られても喜ばれます。出産祝いは新しい命の誕生を心からお祝いしてお贈りするものです。近い方であれば遠慮せずに欲しい物を言って頂いて贈られると相手も喜ばれます。私も少し前に友人が出産したのですが、プレゼント好きな友人はそういった事をよく理解してくれていて、きちんと欲しい物を細かく指定してくれました。


私もその方がありがたかったですし、彼女も絶対出産したら自分ででも購入したい物だったので、本当に喜んでくれました。大体友人・知人へお金を贈られる場合のお祝いとしては3000円から5000円が相場です。物品を贈られる際にお相手が欲しい物が低額だった場合にはお互い様という事でお返し無しで欲しい物だけプレゼントされると贈る方側も気持ち的に楽ですし、お相手側も沢山のお祝返しをする手間が省けるのでそれも良い方法です。職場の方の出産祝いの場合にはその職場によって決まり事などがあるケースが多いので、きちんと周囲の方に相談してからお贈りされるようにしましょう。ご自身だけスタートダッシュして一人で贈られて後から全体でのお祝いのお金を請求された際におかしな具合になってしまいます。それでも日頃お世話になっている方で、個別でも何か贈りたい場合にはされても構わないですし、お相手の方もとても嬉しいと思います。物品を近い方に贈られる際には可能ならば素敵なメッセージカードを添えて贈られる事をお勧めします。更にあなたのお祝したいという気持ちもお相手に伝わりますし、これからの関係を更に良好に築いて行く事にも繋がります。男性の場合には、照れくさい部分もあるでしょうが、一言でも自筆でメッセージを書かれると良いでしょう。


お祝を贈る事は、これからもお相手の方とのお付き合いを大切にする為にもとても大切なものです。一般的な事に縛られるお相手でなければ、贈る方に合わせて一番喜ばれる物を選んで贈られ、これからも良好な人間関係を築いていかれる事をお勧めします。