ガレージハウスの利点とは何か

憧れのマイホームのために、家づくりを勉強していくにあたって、ガレージハウスに決めるという選択をされる方も少なくありません。ガレージハウスとは、車庫と住宅が一体になった家のことで、主に一階部分がガレージとして使われることになります。居住部分は二階、三階になり、一階部分は玄関のみになる構造が一般的です。郊外の比較的広い土地を使って家を建てるのとは違い、都心の中で限られた土地を使って新築を考えるとなると、駐車場の確保が難しく、ガレージハウスをおすすめされることもあるためです。また、日頃から愛車を大切にされている人の中には、屋内に保管することのできるガレージハウスに興味がある方もおられるかと思われます。そんな、ガレージハウスのメリットや探し方のコツについて紹介します。

ガレージハウスのメリットについて

ガレージハウスのメリットは、まず雨風から車を守れることです。最近では、ゲリラ豪雨なんて言葉をよく耳にするようになり、被害も報告されています。また、台風の被害も心配されます。このような災害の時にも、ガレージハウスの場合は、壁とシャッターでしっかり守られますので、被害も最小限に抑えることができます。雨風のダメージを受けにくくなるということは、普段の生活でも、洗車といったメンテナンスが少なくてすみます。車庫の内部に出入り口があれば、雨風に関係なく荷物の積み下ろし作業もできるので便利です。それから、ガレージハウスのメリットとして、防犯性の高さもあります。破損や盗難といった犯罪から守ることもできますし、ふとしたきっかけで起こってしまうキズやへこみからも守ることができます。

ガレージハウスの探し方について

ガレージハウスの探し方のひとつに、車庫以外の活用方法を考えてみるのも魅力的です。例えば、休日にパーティースペースとして活用することもできます。また、車以外にも、自転車やバイクなども一緒に置いておくこともできますので、更に安心便利な部分かと思います。しかし、ガレージハウスの物件を探していると、車庫の部分に場所を取られてしまうことから、居住部分が狭くなってしまうことを恐れている人もおられるのではないでしょうか。そんな方には、狭小ガレージハウスというものもあります。駐車スペースが必要最低限になってしまいますので、ある程度の運転技術も必要にはなってきますが、居住スペースを広げることも可能です。将来的に車を手放してもいいと考えられている方は特に、検討してみる価値があるかもしれません。