ガレージハウスの概要について説明します

住んでいる地域によってガレージハウスを立てたほうが便利という家は多くあるでしょう。そもそもガレージハウスとは車庫と住宅が一緒になった家のことです。都市部から離れた地域では土地が余っていることが多いため、住宅とは別に車庫などの駐車場を作っておくこともできますが、住宅街が多い都市部などでは駐車場を作るための土地が余っていないこともあるので、住宅の一階部分をガレージとして利用することがあります。ガレージハウスにする場合はどうしても一回がガレージとして埋まってしまうので二階以降に居住スペースを作る必要がありますが、敷地面積には関係がないので意外と人気がある建築方法なのです。そこで今回はガレージハウスにするうえでメリットになることと、デメリットについて紹介していきます。

ガレージハウスのメリットは何か

ガレージハウスにすることは一見居住スペースが減ってデメリットに感じるかもしれませんが、当然メリットというのも存在します。それは雨風をしのぐことができることです。カーポートなどがあれば別ですが、駐車場は野ざらしになっている場合が多いので、どうしても雨に濡れてしまいます。多少の雨なら気にすることではありませんが、台風やゲリラ号などが起きると飛散物が直撃していないか心配語とも多くなるでしょう。しかしガレージハウスであれば、住宅の中に格納しているので飛散物の心配はありません。さらにシャッターなどをつけておくことで完全に住宅の中に隔離することもできるので、台風などの災害が発生したときでも飛散物がぶつかることで傷ができてしまうこともなく、車を守れるという大きなメリットが生まれるのです。

ガレージハウスを立てるときに知っておきたいデメリット

車を守ることができるのでガレージハウスを作るメリットがあります。しかし、ガレージハウスにするうえでのデメリットについても知っておかなければ完成した後に想像と違うといった悩みも出てきてしまうのです。そのデメリットというのが費用についてです。ガレージハウスというのは住宅の一階部分がガレージになります。当然ガレージを作るためにはそれなりのスペースが必要で、大きくガレージにスペースを割いてしまうと住宅の間取りにも関係してきてしまいます。必ずガレージハウスのようにしないといけないという決まりもありませんので、一般的な住宅にするのかガレージハウスにするのかはしっかりと考えておく必要があるでしょう。車の安全性を考えるとガレージハウスのほうが圧倒的に良いので、予算に余裕がある場合はガレージハウスにするのも一つの手です。

ご希望のお客様にガレージハウス事例集をプレゼントします! 愛車をいつでも目の届くところに停めておける夢を叶えられます! お客様の大切な家族のペットの種類に合わせてお家を建てることもできます。 お客様と想いを共有して理想のお家を建てていきます! ガレージハウスを建てる前に予算計画をお出しします。 お客様の生活スタイルに合わせてお家をお作りいたします! スタイリッシュで洗練されたガレージハウスのご検討ならザウスで